敏感肌に傾いたら化粧品を変えてあげよう!|刺激は厳禁

レディー

トラブルを寄せ付けない

美容液

肌をしっかり保湿することは、あらゆる肌トラブルの予防になります。特に最初に肌に入れ込む水分である化粧水は、高保湿タイプのものを選ぶのがおすすめです。時間のあるときには、コットンパックもおすすめです。

詳細へ

肌への負担を軽減する

基礎化粧品

オンリーミネラルは、その名の通り100パーセントミネラル成分で作られたファンデーションが人気です。肌への負担が軽いことが特徴で、つけたまま眠ってしまっても大丈夫な程です。

詳細へ

優しくケアすることが重要

美容品

敏感肌になってしまうと、外から受けるダメージに弱いためにトラブルを起こしやすくなってしまいます。刺激を感じやすくなってしまうので、化粧品によってはヒリヒリと痛みを感じたり、肌が赤く炎症を起こしたりするのです。敏感肌になってしまう原因としては、一般的に肌の乾燥によるバリア機能の低下が言われています。しかしそれだけでなく、食生活や強いストレス、環境の変化なども敏感肌の原因と言われています。中には季節の変わり目のみ、肌が敏感になるという方もいるのです。どのタイプの敏感肌の場合でも、一番大切なのは肌に刺激を与えないことです。肌が敏感だと感じる時には、ピーリングやスクラブなどの強い刺激を与えるスキンケアは避けましょう。また、基礎化粧品や肌に直接つけるベースメイクも敏感肌用のものに変えてあげるのがおすすめです。敏感肌向け商品に特化した化粧品ブランドや、敏感肌向けラインを揃えた化粧品ブランドは多くありますので、トライアルセットなどを利用して自分の肌に合った商品を選ぶとよいでしょう。インターネットでは、敏感肌用のコスメに特化した人気ランキングなどを見ることができますので、化粧品ブランドに詳しくないという方は参考にするのがおすすめです。敏感肌用の化粧品を揃えるだけでなく、ケアの仕方にも注意する必要があります。クレンジングや洗顔の際は、とにかく優しく行うことは基本ですし、顔をこすったり刺激を与えることをしないのが重要です。

保管の仕方も工夫する

石けん

スキンケアの最も基礎になる洗顔は、しっかりよごれを落とすことが重要です。洗顔石鹸には、その後のスキンケアの浸透を妨げる成分がほとんど入っていないので、結果的に肌の保湿に効果的と言えるのです。

詳細へ